HOME > タオルができるまで

様々な工程を知ることで、大切に使いたくなる気持ち

私達が生活している中で、タオルは絶対に必要な日常生活用品の一つです。
そのタオルが出来上がってお店に並ぶまでについて簡単に紹介します。

まず、どんなタオルを作るかを考えます。デザインやどのような繊維を使うかを考えた上で、それを参考にしながらタオルを作る時に使う糸や布を染めていきます。糸を織る機械にデザイン通りのタオルができるように順番通りに糸を並べて機械を使って織っていきます。
織る工程が終わると、次は専用の洗濯機で一枚ずつ丁寧に洗います。そして乾燥させます。そして、タオルの生地にプリントをしてサイズに合わせて出来上がったタオルを切ります。
そして、細かな作業であり仕上げの工程でもあるタオルの刺繍が終われば各お店に品物として運ばれます。

タオルができるまでの工程はとても長く、一つ一つ丁寧に作られています。様々な工程があった上で出来上がったタオルがお店で売られていると思うと一枚一枚、大切に使わなければいけないなという気持ちが誰でも強くなるはずです。
なかなか、お店に並んでいる商品が出来上がるまでの過程を知る機会というのは少ないですが、ふとお店の商品を見て少しでもどのように作られているのかが気になった時は早めに調べるといいです。